無着色とは

「無着色」とは、製品のイメージや見た目をよくするための着色料を使用していないものを意味しています。製品の成分自体に色がついているものもありますので、必ずしも色がないということではありません。 製品自体の自然な色を楽しむのも、良いですね。
そんな無着色のクレンジングを探してみましたので、ご覧ください!


無着色のクレンジングおすすめランキング

第1位 セラムデュー アクアクレンズ
セラムデュー アクアクレンズ
無香料無着色オイルフリーノンアルコール弱酸性
透きとおったリキッドクレンジングが毛穴の奥まで浸透して、汚れをすっきり洗いながします。
価格 1,680円/2,940円/4,200円
容量 60ml/120ml/180ml
種類 リキッド
トライアル 「ノンオイルクレンジングセット」
1260円 送料無料
アクアクレンズ60ml、トリートメントドロップ20g、バイタルアップフルイド20ml、バイタルアップセラム3包
第2位 ドクターシーラボ
クレンジングゲル スーパーセンシティブ

ドクターシーラボ<br>クレンジングゲル スーパーセンシティブ
無香料無着色無鉱物油ノンアルコール防腐剤フリー
透明のゲルがしっかりなじみ、汚れを浮かせます。
価格 2,992円
容量 120g
種類 ジェル
トライアル なし
第3位 オルビス クレンジングリキッド
オルビス クレンジングリキッド
無香料無着色オイルフリーノンアルコール弱酸性
無色透明の澄んだクレンジングリキッドが肌に負担をかけることなく、しっかりメイクも一度ですっきり落とします。
価格 1,407円
容量 150ml
種類 リキッド
トライアル なし
第4位 アテニア クリアオイルクレンズ
アテニア クリアオイルクレンズ
無香料無着色無鉱物油ノンアルコールアレルギーテスト済み
無着色のクリアなクレンジング。高いスキンケア効果のある「オーガニックアルガンオイル」を配合。
価格 1,785円
容量 175ml
種類 オイル
トライアル トライアルセット
1200円 送料無料
洗顔30g、化粧水50ml、乳液18ml、クリーム5g、クリアオイルクレンズ45ml
第5位 ラサーナ 海藻クレンジングオイル
ラサーナ 海藻クレンジングオイル
無着色無鉱物油ノンパラベン
無着色だから肌にも安心。洗い上がりはしっとりつるつる!
価格 1,890円
容量 150ml
種類 オイル
トライアル なし
第6位 よかぼんたん オイルくれんじんぐ
よかぼんたん オイルくれんじんぐ
無香料無着色
鹿児島阿久根産のぼんたんオイルを使った無着色のオイルクレンジング。優しく毛穴をケアします。
価格 1,890円
容量 150ml
種類 オイル
トライアル なし
第7位 オルビス クレンジングジェル
オルビス クレンジングジェル
無香料無着色オイルフリーノンアルコール弱酸性
ぷるぷるの無色透明ジェルは100%オイルカットで、メイクとなじんだらとろけるように液状に変化!しっかりメイクもみるみる浮き上がらせる!
価格 1,407円
容量 150g
種類 ジェル
トライアル なし
第8位 山田養蜂場 RJクレンジングクリーム
山田養蜂場 RJクレンジングクリーム
無香料無着色無鉱物油防腐剤フリー
無着色のクレンジングクリーム。生のローヤルゼリーから抽出した保湿成分のローヤルゼリーエキスで、洗い上がりしっとり。
価格 1,890円
容量 110g
種類 クリーム
トライアル RJスキンケアお試しセット
1050円 送料無料
RJクレンジングクリーム12g、RJローション16ml、RJエッセンス(美白美容液)4ml、RJクリーム8g、RJスキンケアソープ
第9位 Tokiwa Style 蜂潤肌 クレンジングオイル
Tokiwa Style 蜂潤肌 クレンジングオイル
無香料無着色
お肌に弾力を与える、マッサージもできるクレンジングオイル。無香料・無着色だから安心。
価格 1,155円
容量 150ml
種類 オイル
トライアル なし
第10位 Tokiwa Style ナチュラルリソース 薬用クレンジングオイル
Tokiwa Style ナチュラルリソース 薬用クレンジングオイル
合成香料フリー無着色無鉱物油ノンパラベンノンアルコール紫外線吸収剤フリー
ナチュラルリソースは無添加と天然素材にこだわったブランド。使うほどに肌への優しさが実感できます。
価格 1890円
容量 180ml
種類 オイル
トライアル なし

無着色のクレンジングを使うメリットとは?

■肌に優しい

 

無着色のクレンジングを使うメリットいえば、肌への優しさではないでしょうか。
着色料などの合成成分がクレンジングには入っていると、それが肌に刺激を与え、肌荒れの原因になってしまいます。
この着色料が入っていない無着色のクレンジングは、その分だけ肌への刺激が少なくて済むので、肌に優しいのです。
また、着色料が入っていると、肌に油分が残ってしまい、肌荒れの原因になってしまうことがあるのですが、無着色のクレンジングであれば、その心配がなくなります。
余分な成分が入っていなければ、その分肌への刺激が少なくなりますので、クレンジングを選ぶときは、無着色のものが良いと思います。

 

 

■敏感肌の人でも使いやすい

 

無着色のクレンジングは、肌に刺激になる着色料が入っていないため、敏感肌の人でも使いやすいというメリットがあります。
無着色のクレンジングが、すべて敏感肌の人に使えるか?というと、そうとも限りませんが、少なくとも着色料が入っているものよりも、肌に与える刺激が少ないので使いやすいと思います。
また、無着色のクレンジングは、同時に無香料であったり、オイルフリーであることも多いので、敏感肌の人でも使いやすいでしょう。
着色料が肌に残る心配がないので、その分肌トラブルも起きにくく、健やかな肌を維持しやすいのもメリットの一つです。
クレンジングを選ぶときは、無着色かどうか、無香料やオイルフリーであるかなどに注意すると、敏感肌の人でも安心・安全にクレンジングを使うことができます。

無着色のクレンジングのおすすめランキングについて掲載しています。

このページのトップに戻る