無添加クレンジングランキング

無添加の成分別にクレンジングのおすすめランキングを掲載しています。

無香料・合成香料フリー、無着色、オイルフリー、無鉱物油、ノンパラベン、ノンアルコール、石油系界面活性剤不使用、弱酸性のクレンジングおすすめランキングをご紹介。

無添加のクレンジングを使うメリットとは?

■肌への負担が少なくて済む

 

無添加のクレンジングを使う最大のメリットは、肌への負担が少なくて済むことです。
クレンジングは、スキンケアの中で最も肌に負担がかかり、クレンジングによっては、肌トラブルを起こしてしまうことがあります。
クレンジングにはたくさんの種類がありますが、その中で最も刺激が少ないクレンジングと言えるのが、無添加のクレンジングなのです。
無添加のクレンジングは、合成成分を一切含んでいないクレンジングで、天然成分を配合して作られているので、肌に刺激を与えず、肌への負担が少なくて済むというわけです。
肌への負担が済むということは、クレンジングによって肌トラブルを起こす心配がほとんどないということであり、最大のメリットと言えます。

 

 

■肌が弱い人でも使える

 

無添加のクレンジングのメリットは、肌に刺激を与える成分が入っておらず、肌への負担が少なくて済むという点ですが、肌に刺激を与えないということは、肌が弱い人でも安心して使えるということです。
肌が弱い敏感肌の人や乾燥肌の人は、合成界面活性剤などの合成成分が入ったクレンジングを使うと、肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまうことが多く、使うことができません。
しかし、無添加のクレンジングには、そういった成分が入っておらず、天然成分を主成分として作られているので、肌が弱い人でも使えるのです。

 

 

■美肌になれる

 

無添加クレンジングのメリットの一つが、美肌になれるということではないでしょうか。
肌に刺激を与えることなくメイクが落とせる無添加のクレンジングですが、肌への負担が少ないというだけでなく、天然の美容成分が入っていたり、保湿成分が入っているものが多いので、肌状態を良くする効果が期待できます。
無添加のクレンジングの中には、ほとんどが美容成分で作られているものもあり、美肌作りに役立ちます。
無添加のクレンジングは、どんな肌質の方でも使うことができるものが多いので、美肌維持のためにつかってみてはいかがでしょうか。

無添加クレンジングランキングエントリー一覧

無香料・合成香料フリーのクレンジング
無香料とは、「無臭」であるということではなく「香料が配合されていない」という表示です。原材料の匂い隠しや、防腐のために香料を使用していましたが、最近では肌のトラブルを引き起こす一因であるという考えから、無香料の製品を選ぶ方が増えてきたようです。無香料のクレジングを集めてみましたので、参考にしてみてください。
無着色のクレンジングランキング
「無着色」とは、製品のイメージや見た目をよくするための着色料を使用していないものを意味しています。製品の成分自体に色がついているものもありますので、必ずしも色がないということではありません。製品自体の自然な色を楽しむのも、良いですね。そんな無着色のクレンジングを探してみましたので、ご覧ください!
オイルフリーのクレンジングランキング
「オイルフリー」とは、「ノンオイル」とも言いますが、油分が含まれていないという意味です。オイルは水で流しにくいためにニキビや毛穴汚れの原因となったり、使用感がべたついたりするのでさっぱりとした洗い上がりが欲しいならオイルフリーはオススメです。そんなオイルフリーのクレンジングを探してみました。
無鉱物油のクレンジングランキング
「鉱物油」とは「ミネラルオイル」ともいい、石油を精製して得られる油のことです。酸化しにくい、アレルギー反応を起こしにくいというメリットがありますが、やはり石油由来ということで抵抗があるようで、「無鉱物油」の製品を選ぶ方も多いようです。無鉱物油のクレンジングを揃えてみました。参考にしてください。
ノンパラベンのクレンジングランキング
「パラベン」とは防腐剤として使用される成分です。防腐剤の肌への影響が気になる方に、ノンパラベンのクレンジングはオススメです。ノンパラベンの製品は防腐剤の代わりに植物成分やアルコールの殺菌作用を用いるようです。ノンパラベンのクレンジングを集めてみましたので、お試しあれ!
ノンアルコールのクレンジングランキング
アルコールには殺菌作用があり、肌を引き締めたり、清涼感を与えたりといった効果があります。一方で、肌の水分や皮脂を奪うといったデメリットもあります。アルコールは敏感肌の場合、肌トラブルの原因になることもあるようです。参考にノンアルコールクレンジングを探してみました。
石油系界面活性剤不使用のクレンジングランキング
メイクの油汚れを浮かせるのに有効な界面活性剤。それを石油から合成した「石油系界面活性剤」は皮膚障害、内臓障害、胎児への悪影響、環境汚染などの有害性があると言われています。石油系界面活性剤を含まないクレンジングを揃えてみましたので、参考にしてくださいね。
弱酸性のクレンジングランキング
弱酸性は添加物とは少し離れますが、弱酸性のクレンジングについてもご紹介します。人の肌は弱酸性であり、アルカリ性のものは皮膚を傷めることがありますので、肌がトラブルがちな方には弱酸性のクレンジングがおすすめです。弱酸性のクレンジングを探してみましたので、お役立てください!
無添加のクレンジングのランキングについてご紹介しています。
無香料、無着色、オイルフリー、鉱物油フリー、ノンパラベン、アルコールフリー、石油系界面活性剤不使用など、無添加の洗顔料のお勧めやランキングを掲載しています。

このページのトップに戻る